情報館インターネット検索システム


図書館からのお知らせへ戻る


レファレンス・サービス



  自分で資料を探していて、うまく見つからなかったら、レファレンス・サービスを利用してください。レファレンス・サー
  ビスとは、情報を求める利用者に対して、より速く、より適切な情報が得られるように、図書館職員が直接手助けをするサ
  ービスです。レファレンス・サービスは、利用者にとって必要とする情報を得るための最後のより所です。ですから、困っ
  たときは、カウンターに座っている図書館職員に、遠慮しないで、恥ずかしがらずに、何でも相談してください。図書館職
  員は、図書館にある資料と機能を駆使し、他の情報機関の協力も得て、情報検索の積極的な手助けをします。


 1. 利用方法、場所に関する質問
   図書館内の資料の所在、資料の使い方、所蔵検索の方法など、図書館の利用方法全般について説明をします。

 2. 資料や情報の所在調査
   求めている資料が図書館にあるかどうか、図書館にないならばどこが所蔵していて、どうしたらそれを利用できるかを
   しらべます。また、その情報を扱っている専門機関はどこか、それを利用するにはどうしたらいいかなど、情報や資料
   の所在調査や他機関への紹介をします。

 3. ことがら、データ、人・機関などに関する質問
   あることがらについて、あるいは人物についてなどの質問を受けます。比較的簡単な質問から、かなりの調査を必要と
   するものまで、色々な質問の調査に応じます。

 4. 資料や文献に関する質問
   ある特定のテーマに関する資料や文献に関する質問、さらにそれらがどこにあるかといった質問に応じます。ただし、
   レポートや卒業の文献収集のアドバイスはしますが、直接の回答はできません。


  レファレンス・サービスを受けるにあたってのお願い  その1

    ・「何を知りたいのか」
    ・「いつまでに情報を欲しいのか」
    ・「どのくらいの量、程度の情報が欲しいのか」
    ・「どんな形態の情報が欲しいのか」
    ・「いつ時点での情報が必要か」
    ・「これまでに何をどうやって調べたか」

  以上のことを、まず自分自身に尋ねてみましょう。それから、図書館職員に、率直に、要領よく、簡潔に質問する努力を
  してください。誰がどのような質問をして、どのような回答を得たのかについては、他者に漏らすことはないので、差し
  支えないかぎり詳しく説明してください。皆さんの置かれている立場や、情報利用の目的が明確にわかればわかるほど、
  的確なレファレンス・サービスができるのです。  


    レファレンス・サービスを受けるにあたってのお願い  その2
  レポート作成や、演習発表のための資料探しは、時間的余裕を持ってしましょう。ぎりぎりになって相談していただいて
  も、充分お応えできない場合もあります。


図書館からのお知らせへ戻る


Copyright 1998. BRAINTECH INC.